文字通り、錬金術について研究するところ、です。錬金術は、古来よりの知識ながら、その応用範囲はこの世界すべてに広がりその裾野は自然界の末枝に至るまで非常に幅広い、です。この世のすべてを解き明かした科学、それらは遥か昔より存在するものです

タグ検索でエネルギー7件見つかりました。

衝撃と状態変化―モノを変えざる要素と変える要素

魔法やエネルギー攻撃といったものは特にRPGやファンタジーなんかだと間接的なものというか、直接的な衝撃はなくても何らかの効果はありそうだ、とも感じることもあるかと思いますが、今日はそんなお話です。ズバリ、「物理的な衝撃を加える直接攻撃よりも、エネルギー波やファンタジーであれば魔法・魔術攻撃などエネルギー、電磁波などによる間接攻撃、あるいは対象の物質の状態に変化を加える間接攻撃のほうが、よっぽど強力である」というテーマです。確かに物質一辺で考えれば単純にモノがある程度の衝撃を加えれば、壊れるか損傷を受けてダ…

https://alchemy.chronicle.wiki/d/%be%d7%b7%e2%a4%c... - 2016年12月30日更新

食事の摂り方-水と風のバランス

リーになりません。火や大地の属性、つまりエネルギーや栄養分が足りなければ、単に穀類などで補えばいいだけの話で、基本的に風味や味、食べたおいしさを食事の中心に据えるのなら、やはり主菜というか最低限副菜、おかずは海産物や野菜中心のものにしたほうがよいでしょう。その地方地方で摂れるもので大丈夫なのですが、海産物や野菜はそもそも味付けがしやすいですし、ほんの少し摂りすぎたぐらいでは、そこまで太るほどのカロリーにはなりません。また、出来るだけ味付けは植物由来のもの、ハーブか油を積極的に使ったほうが健康にいいのは確か…

https://alchemy.chronicle.wiki/d/%bf%a9%bb%f6%a4%c... - 2016年09月17日更新

モノの鍛え方-火と風の賜物

そも火、風か水で出来たものを燃やすことでエネルギーが得られますから、何かを生み出すには、まず火の属性が必要になるわけです。次に、水は早い話火にかけると蒸発してしまいますから、大地は熱すると金属になってしまいますし、早い話、風を熱するのが一番効率がいい、ということになります。風といっても、その辺の風や空気を熱しただけでは、ちょっと抽象度が高すぎて分かりづらいですから、例えば、こう説明しましょう。風、あるいは空気は、そもそも大気の圧力の差あるいはそれらは温度差でできていますが(つまり、水と火です)風や空気も同…

https://alchemy.chronicle.wiki/d/%a5%e2%a5%ce%a4%c... - 2016年09月17日更新

生命エネルギーの賜物-火の扱い方と文明の危機

生命エネルギー、と書きましたが錬金術の四大元素の火の属性は、まさにエネルギーそのもの、です。生命体に火のエネルギーが含まれる場合は必ずといっていいほどその生命エネルギーを表しているのですが、一方で、人間がそれのエネルギーを利用し始めたのが、いわゆる火、炎です。人間の文明が芽生えたのはそもそも火を利用したから、ともいえるものですがその後、一方で人間は火薬の利用を始め、銃・大砲など銃火器の登場、それから燃料を利用する蒸気機関、その後は動力源、エンジンを発明して、これを利用してきました。まぁ、その後は軍事兵器で…

https://alchemy.chronicle.wiki/d/%c0%b8%cc%bf%a5%a... - 2016年09月17日更新

ダイエット的な回復魔法−陰陽を質量に変換する方法

気や場のエネルギーを操って人を治してしまう、またその治癒の助けをするのがいわゆる回復魔法ですが、その仕組みを逆用すればちょっと太ったぐらいの脂肪なら簡単に痩せてしまうことができる、のです。もちろん、これは実際にやってみたらどうか、という話はおいておいてなのですが、論理的には可能で、単純に気などを使って人を治すと自分のエネルギーを少なからず使うのでそれで痩せる、というメカニズムなのです。ただ、くれぐれも気を付けて欲しいのは、あまり人を治し過ぎる、いわゆる大きな疾病だったり症状を治す作業であったりあるいはその…

https://alchemy.chronicle.wiki/d/%a5%c0%a5%a4%a5%a... - 2016年06月25日更新

生産性と自然の許容量-如何にしてバランスは生産を許すのか

デルを創り出すことができる、のです。火はエネルギーや火山などの象徴ですし(もちろん太陽も含まれます)、大地は大地そのものですし、あるいは土や金属、鉱物資源なども指しています。火や大地はわりと周期が長い、つまり壊れにくくかつ使いにくい、ですから自然ではむしろ土台、であって風や水などは流動的でかつ比較的脆く、そしてあらゆるものに通じていますから周期が短くかつあらゆる自然に浸み渡っている、のです。こういった自然のバランスを産業の前提におかなければ、かつ生産の前提にしなければ、人間の生活は成り立たないどころかむし…

https://alchemy.chronicle.wiki/d/%c0%b8%bb%ba%c0%a... - 2016年06月12日更新

風と水、磁力線その他諸々を操る錬成陣・魔法陣

ほど存在あるいは経由しており、要は生命のエネルギー=で風・水の要素なのです。ここまでの説明はさておいて、今回の稿の本題に入っていきますが、風・水というのはエネルギーでも生命により近いほうのエネルギーだということは今説明したばかりですが、問題の本題はここからです。錬金術でもそうですが魔法などを操るときに(特にゲームやアニメ、漫画などで)あるいは錬金術や魔法を想像するときに、錬成陣、あるいは魔法陣のようなものを連想することが多くないですか?六角形や三角形、八角形その他ルーン文字のような記号などで、構成されるア…

https://alchemy.chronicle.wiki/d/%c9%f7%a4%c8%bf%e... - 2016年05月27日更新

:陰陽五行(1) エネルギー(7) エリキシル(1) エリキリル(1) グルメ(1) ゲーム(2) ゲームの選択性(1) システム(2) トップページ(1) ハーブティー(1) バイアス(1) バックボーン(1) バランス(7) ブログ(1) メカニズム(1) メディア(1) リンク(1) レーザー(1) 位置関係(1) 意思(1) 意味合い(1) 陰陽(3) 陰陽五行(2) 化学(1) 科学(1) (4) 火薬(1) 貨幣(1) 回復魔法(1) 概論(1) 環数(1) 危機(1) 基礎知識(1) 基本原則(1) 貴金属(1) (1) 金属(1) (1) 空間(1) 経済(2) 経済学(1) 健康(1) 交易(2) 交易相場(1) 交易品(1) 構造(1) 構造論(1) 材料(1) 産業(3) 仕組み(2) 四大元素(9) 四大属性(4) 市場(1) 磁場(1) 磁力(1) 磁力線(1) 自然(1) 自然のサイクル(1) 自然のバランス(4) 自然の許容量(3) 自然の恵み(1) 自然の仕組み(1) 自然の循環(3) 自然の神秘(1) 自然の摂理(2) 自然の法則(6) 自然科学(3) 手工業(1) 手工芸(1) 呪文(2) 銃火器(1) 書籍(1) 紹介(1) 衝撃(1) (2) 情報(2) 情報空間(1) 状態(1) 状態変化(1) (1) 食材(1) 食事(1) 真理(1) 真理の扉(2) 神秘(1) 図形(1) (3) 数理(3) 性質(1) 政治(1) 生産(2) 生産性(1) 生命(1) 生命の循環(1) 生命エネルギー(2) 製造業(1) 素材(1) 組み合わせ(1) 創造(1) 操作(1) 相関関係(1) 相場(1) 属性(4) 続き(1) 大地(3) 大量破壊兵器(1) 鍛え方(1) 男性型・女性型(1) 中世ヨーロッパ(1) 通貨(1) 哲学(2) 伝統(1) 等価交換(1) 等価交換の原理(1) 動的平衡(1) 内政(1) 白魔術(1) 発明(1) 秘数(3) (3) 風・水(1) 物的平衡(1) 物理(1) 物理空間(1) 物理世界(1) 物理法則(1) 分類(1) 文化(3) 兵器(1) 貿易(2) (1) 魔術(3) 魔法(4) 魔法・魔術(1) 魔法陣(2) 魔紋(1) 料理(1) 量産(1) (1) 錬金術(10) 錬成陣(1)

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!