文字通り、錬金術について研究するところ、です。錬金術は、古来よりの知識ながら、その応用範囲はこの世界すべてに広がりその裾野は自然界の末枝に至るまで非常に幅広い、です。この世のすべてを解き明かした科学、それらは遥か昔より存在するものです

交易などに用いられる貴金属の銀は、女性の象徴の月の金属で、もっとも象徴的な基本的な属性は水・大地で、反対に火と風の男性の象徴である太陽の金属は金、ということになるのだが、ここでひとつ、四大元素などの属性が金属などの固定物質を通ると属性が逆になるので、例えば銀の場合は(水・大地→)火・風・大地となるし(あくまで金属的属性になるが)、太陽の金の場合は(火・風→)火・水・大地となる。つまり、後者が男性型金属で、前者が女性型金属となるわけだ。基本的に、火・水・大地の男性型金属のほうがより柔軟性に、女性型の火・風・大地の金属はより堅牢性に優れることが多いと思われる。大抵、錬金術の四大元素の考え方では、どんなものも基本的には男性か女性、もしくはその両方全部のエリキシル(万能薬)に分けられると見るのだが、例えば前出のエリキシルの通り火・水・大地の男性型金属が、水の部分が弱くなって逆に火・風・大地の女性型金属と合わさるのに相性がいい例(亜鉛と銅→真鍮の場合など)があったり、反対に火・風・大地の女性型金属の風が欠けて同じく火・風・大地の錫(ちなみに男性の木星の金属で、木星の属性は火と水)と合わさりやすくなり火・水・大地の青銅が出来る例など、金属を通って属性が逆になっても、逆にそのことによって相互の金属というか属性が組み合わさりやすくなるパターン、というのも往々にしてあるので、覚えておいてもいいと思う。基本的に、金属など固定物を通った場合と、通常の物質では属性が逆になる、と覚えておこう。
ちなみに、補足しておくが、ここでいう属性とは四大元素的属性であって、例えば四大元素が2,3合わさるとひとつの四大元素的呼称では表せなくなる。そこで重複した物質を表すのに最適な、ある一定方向の方向性があるという意味での、属性という言葉をここでは採用している。悪しからず。

ちなみに、交易の話に移るが、基本的に世の中の港には商業的に機能しているもので男性型と女性型の二通りがあり、例えばジェノヴァやマルセイユ、ボルドー、ハンブルクなんかの貿易港は男性型(火と水の南西の方角からの風の恵みを受けやすい土地で、港に属性を割り振った場合でも火・水・大地など火と水が付くことが多い)で、ピサ・ヴェネツィア・ナポリ・イスタンブール・ナント・ロンドン・アムステルダム・ダンツィヒなどのどちらかといえば貿易というよりかは文化・芸術都市では、属性を割り振ると火・風・大地の場合が多くその都市の性質からしても女性型の都市が多く、風向きで見ても風・大地の北東の方角からの風の恵みを受けやすい(上記にある通り四大元素の属性は金属などの固定物質を通ると男女的に逆になる。つまり、男性の象徴の火と風の太陽が金属を通ると火・水・大地に、女性属性の水と大地の月が固定物質を通ると火・風・大地といった具合になる。ちなみに、前者が男性属性なので動的(ヴォラリティ)、後者は金属における女性属性なので固定的(フィックス)となる)。
同上記にある通り、男性の象徴(火と風)の金属は金で太陽、女性のは(水と大地)銀で月で、物質は金属などの固定物質を物質変化的に通ると四大元素の属性が逆になるので、太陽の金は(火・風→)火・水・大地、月の銀は(水・大地→)火・風・大地となるのだが(あくまで金属的属性で、男性の太陽は火と風、女性の月は水・大地なのは変わらない)、前述にある通り、この世の中の世界の港には主に男性型と女性型の港の二つがあり、金属と同じで男性型は火・水・大地、女性型は火・風・大地の場合が多く(属性は地勢・地形・地政学的理由、恵みをもたらす風の風向きなどの主に地勢的理由に影響される)、前者が貿易都市、後者が文化・芸術都市である場合が多い(発展の順序など歴史や時代における役割によって属性が逆になる場合もあるとは書いておこう)。男性型の貿易都市ではより流通する物質量が多いので通貨的にインフレを抑える銀が、ある程度発展、成熟した文化・芸術都市などの女性型都市では、流通する物質量によるインフレよりも景気がしぼんだ際の経済的バックアップをする役割の金が、それぞれよりよく売れると書いておこう。基本的に、上記の通り港の男性・女性型と属性と金属の男性・女性は基本的に一致しているので、それぞれ物質量によるインフレを抑えるのに女性型金属の銀が、不景気時のカンフル剤に適するため男性型金属の金を投じられることがそれぞれの陰陽のバランスを整えるためにもっとも合理的かつ単純な貴金属を介したシステムであることは読んでもらえれば見て取れるとは思うのだが、同時に動的なものに対しては陰のものを、固定的なものに対しては陽のものがそれぞれ適していると書いておこう。これは陰陽のシステムなので、この世の中の世界の中の出来事であれば大抵どんなことでも適用できるのだが、貿易システムと都市の関係においても、基本的には同じシステムが働いてると覚えておこう。例えば、貿易が発展・加熱しすぎて陽が多い状態であれば陰を、経済が過渡期を過ぎて陰に入れば陽の要素を、それぞれ投じれば、基本的に論理的には経済が上向くことになる。例えばこの貿易の場合では陰は女性型金属の銀で、陽は男性型金属の金に該当するが。交易・貿易と陰陽のバランス、それから錬金術の四大元素などの要素が、きっちりと同調してバランスを作り出していることが、理解できるとおもう。これにかんしては以上だが、属性が金属などの固定物を通ると逆になるのも含め、景気や経済と貴金属の関係についても大体同じようなことがいえる、ということは、覚えて帰ってもらっても損ではないと思う。

コメントをかく


利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

錬金術、その他諸々

四大元素について、またそれらについての諸概念

-
  • 錬金術と占星術、及び魔術
  • 惑星と四大元素、及び星座および占星術的要素
  • 惑星時間(Planetary Hours)と日々の進行
-
  • 時祷書と惑星時間、中世の時間

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム

錬金術における素材・調合品・生成物事典

索引・産業的生成物分類順・四大元素別・タグ区分

主に生成品分類順と四大元素別などのタグ区分、及び用途による分類

素材

(自然素材分類別・順不同・四大元素索引付き)

調合品

(自然素材由来のもの・化学合成物由来のもの・完全人工物のもの・工作を必要とするもの・作成由来順・四大元素細部区分あり・順不同)

生成物

(主に実験生成品・試薬・実験材料。実験過程で生成したもの、及びそれらの化学薬品的流用用途。物質的分類・生成過程用途的分類・四大元素細部区分あり・項目内順不同)

象徴的生成物・象徴概念

(重要なもの順・生成順・概念→物質→末枝・生成物分類順・用途適性別)
【メニュー編集】

魔法、魔術について

魔法・魔術についての歴史的一般概念とその起源・ルーツ

魔法・魔術に関しての歴史

魔法・魔術に関しての一般概念

  • 魔法とは何か-力の影響と信仰が結束した結果
  • 魔法の波及と情報としての影響力-貪るものと貪らざるもの
  • 等価交換-魂の均衡と生命の循環
  • 魔術-機構化した魔法、媒体の管理、力の調整
  • 魔術師とは何か-許されざる者と赦される者

魔法的区分・四大元素との深いかかわり

-
-
-

四大元素について、またそれらについての諸概念

-
  • 錬金術と占星術、及び魔術
  • 惑星と四大元素、及び星座および占星術的要素
  • 惑星時間(Planetary Hours)と日々の進行
-
  • 時祷書と惑星時間、中世の時間

四属性魔法、及びそれらの扱い方(ここだけ魔法のみとなります)

  • 魔法とは何か-四属性を操る魔法と自然の摂理
  • 禁忌的魔術-自然からの四属性の引き出しかたと、集束、解放、影響
  • 精霊信仰と魔法、魔術の背景
  • 火の魔法
  • 水の魔法
  • 風の魔法
  • 大地の魔法

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム

植物・自然素材・調合品・生成品事典及び錬成陣・魔法陣事典

(細かい各項目の分類・詳細については錬金術のものとほぼ同じ、分類やタグ引きの違いで微妙に違いを作るとする。魔法魔術オリジナルのものについては独自タグを付けて分類してみても、いいかもしれない)

総合索引・四大元素別・用途別(タグ)

(主に使用用途順・生成調合過程(産業的なものを含む)別・分類タグ別・四大元素別分類(統合、分類タグ両方。これに関しては錬金術のものと大いに被るところがあってよろしい。細かい末枝の分類で実際の両者と同じく分類を作る、ことにする)

植物・自然素材事典

(錬金術のものと大いに被ってよろしい。利用方法と四大元素別のタグ分類に違いを見出せば大いに違いを作れる。)
索引・四大元素別・所在地用途別(タグ)
自然素材事典
(所在地分類別・四大元素分類(タグ)別・入手方法用途分類(タグ)別)
植物事典
(産出地方分類別・四大元素及び支配惑星分類(タグ)別・入手方法用途分類(タグ)別・利用方法(タグ)別)

調合品・生成品事典

(錬金術事典と被るところあり。関連品はページ名リンクまたはタグで飛ばすこと。用途・利用方法・四大元素別分類、及びタグ付け)
索引・生成方法産業的区分別(タグ)分類・用途四大元素別(タグ)分類

錬成陣・魔法陣事典

(数項画像・文書ページありの予定、事典的分類)
簡単な索引・生成目的用途分類(タグ)別・画像一覧・関連用語別(タグ)分類

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
共同編集者・研究者募集中です。また読者等参加者として、も。
編集者、あるいは研究者としてご参加可能です。編集用の登録にはSeesaaID必要です(無料)。コメント・掲示板等読者としても大歓迎です〜。