文字通り、錬金術について研究するところ、です。錬金術は、古来よりの知識ながら、その応用範囲はこの世界すべてに広がりその裾野は自然界の末枝に至るまで非常に幅広い、です。この世のすべてを解き明かした科学、それらは遥か昔より存在するものです

気や場のエネルギーを操って人を治してしまう、またその治癒の助けをするのがいわゆる回復魔法ですが、その仕組みを逆用すればちょっと太ったぐらいの脂肪なら簡単に痩せてしまうことができる、のです。もちろん、これは実際にやってみたらどうか、という話はおいておいてなのですが、論理的には可能で、単純に気などを使って人を治すと自分のエネルギーを少なからず使うのでそれで痩せる、というメカニズムなのです。ただ、くれぐれも気を付けて欲しいのは、あまり人を治し過ぎる、いわゆる大きな疾病だったり症状を治す作業であったりあるいはその魔法は、自分の体を壊すか壊さないかぐらいまでの限界まで自分のエネルギーを消費してしまいます。まぁ、そもそもの話でいえばちょっとした気分や症状を治すぐらいの回復魔法でない限りは自分の体を傷つけることになるので、まったくのど素人はおろかあまり積極的にやるべきではありません。そもそも気の使い方を熟知している人なら簡単に分かること、なのですがある一定以上の回復魔法を使うとなると、自然やその他のエネルギーから力を借りてこなければなりません。それくらい、単純に気や魔法だけで人を半分治してしまうのには相当なエネルギーを使うことになるので、ちょっと治すぐらいの魔法でなければ知識がないのであればあまり使わないほうがいいです。もちろん、いざ使うべき時が来たとしても、それはエネルギーなり自然がしかるべきところまで導いてくれるのでまったく心配はありません。まぁ、そもそも、今回の稿では回復魔法が人を治すその仕組みを逆用してちょっと痩せる方法を書くつもりでしたので、話をそちらに戻します。書いたように、ちょとした回復魔法を使うとエネルギーを消費するので、本来まともに人を治癒するのであれば量を熟さなければいけないので当然自然や自然物などから力を借りてきます。そうすることで、自分はちょっとくらいならエネルギーを消耗せずに人の気分くらいは治すことができるのですが、その仕組みを逆用して、人をちょっと治す代わりに自分の脂肪から(笑)エネルギーを持ってくる、のです。すると、どういうことが起こるか、といいますと単純に治した人は治るし自分の余分なエネルギーは消費されるのです。もちろん。必要以上に自分の身は削ってはなりませんが、闇雲に激しい運動をするより、ロクに考えずに運動するよりよっぽどエネルギーは消費されます。もちろん、自分の力を使った結果エネルギーがどこにいってどう消費されるのか、という具体的なイメージは必要なのですが、逆にいえばちょっとイメージするだけで人を治してしまうことは割と簡単、なのです。ただ、一応形式的には治す人とのある程度の同意は必要ですし、闇雲に回復魔法を使ってしまうのも、ダメです。必ずその辺のエネルギーの流れを把握していないと、どうしても自分の力を使い過ぎてしまう、のでそもそもこれが使えるのは、ちょっと太った場合だけ、というように覚えておいてください。あと、自分に回復魔法をかけてしまわないように注意しなければなりません。自分に掛けた場合だと、確かにうまく循環すればちょっとずつほとんどコストなしに痩せていくのですが、何か間違うとちょっとずつどんどん太っていく結果になります。まぁ、それくらいはどうでもいいことですが、ちょっとずつ確実に太っていくのであまりおすすめできることではありませんね。それはどうでもいいことですが、治す対象は、必ず人でなくてはなりません。動物でももちろんいいのですが、そもそもこの仕組みからして人と同程度の質量でなければエネルギーが交換されないので痩せることも満足に治すこともできないでしょう。動物のヒーリングをする方はその辺自然を経由して治すことには熟知していると思いますので、とりあえずちょっと痩せる目的であれば人に対してやったほうが得策です。エネルギー経由で何かを治す場合はそもそもお互いの質量が釣り合っていないとエネルギーが交換されないので治せないので、年齢も違ってその分質量も均等に違うのならうまくエネルギーも流れますが、同い年で性別も違わないのにあまりにも質量が違ったり性別が違っても質量が同じでは、そもそもうまくエネルギーが流れません。その辺の物理学にも感覚的に精通していないとそもそも人を治すことはできない、ので(といっても実際に治してしまう人は感覚的にやっている場合も多い)自然やその他現象を正しく理解した上で治癒の魔法は行う必要があります。ちなみに、治癒の魔法の条件はほとんど触れずに気やエネルギーだけで相手を治してしまうこと、で実際に物理的に治すのは現代でいう医療に当たりますし薬なんか飲ませたら治しているというよりむしろ相手の状態を変えている、だけです。なので、ここでいう治癒の魔法はそもそも相手を軽く気やエネルギーだけで治すことを指しているのであり、根本的に自分の症状を治したければそもそもお医者さんに行ったほうがいいでしょう。その方が手っ取り早く治りますし、なにより、ほとんどのお医者さんは「治癒の魔法」に長けている、と思います(笑)ともかく、軽く治すくらいのことなら治癒の魔法で十分なので、身近な人なら手っ取り早くかけてしまうのもいいかもしれない。もちろん、ちょっと消耗した、と感じたらチョコレートなり甘いものなり食べても結構ですが、根本的には、治癒というのは自然の力を経由して、あるいは自然の現象から力を借りてきて行うものだ、ということを忘れないでください。自然なき治癒は治癒した状態とはいいませんし、最終的に治癒そのものの目的は自然と一体となることにあるのです。そういった精神的なものも含めて治癒と呼ぶので、もしやるのなら本腰入れてやるといいでしょう。また、自然との調和を知ることは自分に対しての治癒の第一歩でもありますし、何より日頃生きていても気分がいいでしょう。四大元素に例えれば水と風の力、ですが自然の力をうまく使ってこそ、本当に治癒の道と呼べるもの、なのです。(あらかじめ書いておきますが、大きな怪我などは自分の力だけで治癒しようとは思わないでください。他人の力を借りるのも治癒の道のひとつ、なのです。物理的な症状で困ったらお医者さんにかかるようにしましょう。)

以上が回復魔法的なものを使って体の質量をちょっとだけ、減らす方法なのですがそれだけでは本稿のタイトル並みには至りませんので、ここでちょっと追加で解説を書き加えておきたい、と思います。回復魔法、というのは自然界の要素や自然のエネルギーを自分の体あるいは精神を通じて陰陽を癒しの方向に質量が変換するように活用する技でもあるのですが(治すときは増やし、減らしたり痩せたりしたいときは減らします)、上記の稿で書いたのは基本的に癒しの魔法を使う際に被験者側は若干病魔で減っていた分が治すときに増えるのですが、反対に陰陽を通じて術者側のエネルギーが移るとも考えられますので、同じ物理的な場に共有して存在していると考慮すると、術者側はむしろ体重が減ると言えるのです。この観点からすると、回復魔法を誰か疾病の軽い症状の人や自分の近しい人相手、あるいは自分自身に使うならば、やりすぎなければ当然その反作用で術者である自分自身もちょっと痩せられることにもなるのですが、基本的にこの作用は陰陽を通じて癒し、あるいは減衰の方向どちらかへ質量が変換する現象が起こるからこそ、起こるといえるものなのです。なので、基本的には陰陽の力を術者である自分の体あるいは精神力を通じて人と自然、あるいは人と人同士の間で情報的(あるいはこれは物理的なものなのかもしれませんが)に交換しているからこそ、起こることなのです。もちろん、情報的なものだけか、といえばそうではなく何か目に見えない情報的なものが動いているのが分かる、となれば当然そこに微粒子か量子それ以下の媒質が作用していると考えられますので(まぁ魔法魔術の実践的には情報的なもの、あるいはエネルギー的なもの、と解釈しておいてもまず間違いはないでしょうし、運用的にも困ることはないと思います。)とにかく仕組みはどうあれ基本的に回復魔法とは書きましたが癒しの技、あるいは気功などもありますがそういった治癒に使われるものは術者の体あるいは精神を通じて陰陽と対象の間でエネルギーを交換変換して元々あったものを元の場所に返す、という法則性で治癒を成立させているものがほとんど、なのです。また、治癒の魔法そのものは術者の体あるいは精神力を通じて単に術者あるいは陰陽と対象の間で質量の交換、あるいはエネルギーの交換が起こっただけ、とも考えれますので基本的には錬金術の「等価交換の原則」がぴったり当てはまっているとも考えられるわけです。そういう意味では錬金術の実験と大して変わりないことにもなるので、魔法魔術と錬金術は基本的には同じバックボーンの元に成立しているものだということもお分かりいただけるか、と思います。また医療器具や医療を通じて治癒する場合も道具が変わっただけで中世に医療器具が存在していなかったわけではもちろんありませんから結局基本原理は同じだともえいるのです。基本的に現代の医療も元を辿れば錬金術などをベースにしていますし自然療法なんてものはそのまま魔法魔術だったりします。存在の形や在り方が変わっただけで現在までに連綿と受け継がれているものが魔法魔術および錬金術だったりするので、やはり自然相手にまず追い求めるべきものは、基本原理なのだとあらためて実感させられますね。それでは、失礼します。あまり使いすぎずに、かつ癒しの方法が常に身の側に存在するように生活していきましょうね、という言葉で締めくくって終わりたいと思います。それでは、お疲れ様でした。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

錬金術、その他諸々

四大元素について、またそれらについての諸概念

-
  • 錬金術と占星術、及び魔術
  • 惑星と四大元素、及び星座および占星術的要素
  • 惑星時間(Planetary Hours)と日々の進行
-
  • 時祷書と惑星時間、中世の時間

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム

錬金術における素材・調合品・生成物事典

索引・産業的生成物分類順・四大元素別・タグ区分

主に生成品分類順と四大元素別などのタグ区分、及び用途による分類

素材

(自然素材分類別・順不同・四大元素索引付き)

調合品

(自然素材由来のもの・化学合成物由来のもの・完全人工物のもの・工作を必要とするもの・作成由来順・四大元素細部区分あり・順不同)

生成物

(主に実験生成品・試薬・実験材料。実験過程で生成したもの、及びそれらの化学薬品的流用用途。物質的分類・生成過程用途的分類・四大元素細部区分あり・項目内順不同)

象徴的生成物・象徴概念

(重要なもの順・生成順・概念→物質→末枝・生成物分類順・用途適性別)
【メニュー編集】

魔法、魔術について

魔法・魔術についての歴史的一般概念とその起源・ルーツ

魔法・魔術に関しての歴史

魔法・魔術に関しての一般概念

  • 魔法とは何か-力の影響と信仰が結束した結果
  • 魔法の波及と情報としての影響力-貪るものと貪らざるもの
  • 等価交換-魂の均衡と生命の循環
  • 魔術-機構化した魔法、媒体の管理、力の調整
  • 魔術師とは何か-許されざる者と赦される者

魔法的区分・四大元素との深いかかわり

-
-
-

四大元素について、またそれらについての諸概念

-
  • 錬金術と占星術、及び魔術
  • 惑星と四大元素、及び星座および占星術的要素
  • 惑星時間(Planetary Hours)と日々の進行
-
  • 時祷書と惑星時間、中世の時間

四属性魔法、及びそれらの扱い方(ここだけ魔法のみとなります)

  • 魔法とは何か-四属性を操る魔法と自然の摂理
  • 禁忌的魔術-自然からの四属性の引き出しかたと、集束、解放、影響
  • 精霊信仰と魔法、魔術の背景
  • 火の魔法
  • 水の魔法
  • 風の魔法
  • 大地の魔法

閉じるメニュー

  • アイテム
  • アイテム
  • アイテム

植物・自然素材・調合品・生成品事典及び錬成陣・魔法陣事典

(細かい各項目の分類・詳細については錬金術のものとほぼ同じ、分類やタグ引きの違いで微妙に違いを作るとする。魔法魔術オリジナルのものについては独自タグを付けて分類してみても、いいかもしれない)

総合索引・四大元素別・用途別(タグ)

(主に使用用途順・生成調合過程(産業的なものを含む)別・分類タグ別・四大元素別分類(統合、分類タグ両方。これに関しては錬金術のものと大いに被るところがあってよろしい。細かい末枝の分類で実際の両者と同じく分類を作る、ことにする)

植物・自然素材事典

(錬金術のものと大いに被ってよろしい。利用方法と四大元素別のタグ分類に違いを見出せば大いに違いを作れる。)
索引・四大元素別・所在地用途別(タグ)
自然素材事典
(所在地分類別・四大元素分類(タグ)別・入手方法用途分類(タグ)別)
植物事典
(産出地方分類別・四大元素及び支配惑星分類(タグ)別・入手方法用途分類(タグ)別・利用方法(タグ)別)

調合品・生成品事典

(錬金術事典と被るところあり。関連品はページ名リンクまたはタグで飛ばすこと。用途・利用方法・四大元素別分類、及びタグ付け)
索引・生成方法産業的区分別(タグ)分類・用途四大元素別(タグ)分類

錬成陣・魔法陣事典

(数項画像・文書ページありの予定、事典的分類)
簡単な索引・生成目的用途分類(タグ)別・画像一覧・関連用語別(タグ)分類

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!
閉じる
共同編集者・研究者募集中です。また読者等参加者として、も。
編集者、あるいは研究者としてご参加可能です。編集用の登録にはSeesaaID必要です(無料)。コメント・掲示板等読者としても大歓迎です〜。